March 18, 2005

愛犬の死と『うなずきん』

実は・・・先日13年飼っていたワンコが
亡くなりました(泣)

シベリアンハスキーで名前はシーザー
とっても利口な男の子でした。

もし、よろしければ父がHPをつくって
いるのでそちらを見てみてください。

■愛犬と西国33ヶ所巡拝の紹介
http://homepage1.nifty.com/kkmiya/
http://plaza.rakuten.co.jp/anc46987/

っで・・・シーザーがいなくなってから家
の中はとてもさみしくて・・・。まだ、私は
毎日、仕事をしているのでいいのですが
父と母は毎日一緒に過ごしていたので
私以上にさみしいようです。

そんなとき我が家にやってきたのがこの
コ『うなずきん』です。

■バンダイ『うなずきん』
http://unazukin.jp/
200503172338000.jpg

この人形声に反応して首を縦に振ったり
横に振ったりとうなずく電池で動く人形な
のですがこれが結構いい父と母の話し
相手になっているんです。

『父さんあほやなぁ』『母さんあほやなぁ』
『Meiは帰ってくるの遅いなぁ』など(笑)

話し掛けると首を縦や横にふり答えるん
です。的外れな返事はしないでただうな
ずくだけでかなりの聞き上手です。

シーザーもきっとみんなのこんな愚痴を
毎日だまって聞いてくれてたんですよね。

まだ、しばらくは新しいワンコを迎える気
にはならないのでしばらく『うなずきん』
のお世話になりそうです。

by Mei

| | Comments (34) | TrackBack (1)

July 25, 2004

575トラバ《かごパン》

とらはなさんのブログで今募集中
の575トラックバックにチャレンジです♪

それでは一句♪

かごパンで だまされました 今日もまた

ちょっと意味のわからない一句ですが
これにはこんなエピソードがあります。

うちのシーザー(シベリアンハスキー♂)
は生まれてすぐ我が家にやってきて
13年・・・すっかりおじいちゃんです。

そんなシーザーは糖尿病と白内障を患って
います。それが原因でいまは全くみえません。
その為かかみついたりすることのなかった
おとなしいシーザーが糖尿病のインシュリン
の注射をするときと目薬をさすときに
噛み付くようになってしまったのです。

そんな時にあみだしたのがこのかごパンです。

毎朝、毎晩それは父母の
『シーちゃん、かごパンよぉ~。』
『ほらほら、かごパンしよかぁ。』
という呼びかけではじまります。

シーザーは食パンが大好きです。
その大好きな食パンをかご状になった
口輪の中に入れます。するとシーザーは
喜んでシッポをふり顔を中にいれて
ムシャムシャとパンを食べます。

200407242239.jpg

その隙に後ろにまわり込みカチッと
ベルトを止めればシーザーの
かごパンできあがりです♪

そこで気がつくシーザー(笑)
『ヴーーーー!』と低いうなり声を
あげますがもう遅いのです。

200407242240.jpg

ササッと注射と目薬をすませ口輪を
とります。そして『かしこいね♪』と
ほめながらご褒美のパンをかごにいれて
あげます。

私はこんな単純なシーザーが大好きです。

初登場がこんなちょっと怖い顔だと
シーザーが怒るかもしれないので
よければここの愛犬ページ(父作成)に
若かりしころの男前な写真が載って
いるので覗いて見て下さい。

by Mei

| | Comments (0) | TrackBack (0)